冬にこそ選びたい帽子に用いられる素材

ウールの色々とある特徴からセレクトする

寒くなるとニット帽を被る女性は増えますが、その素材も、動物の毛から作られたもの、しかも温かさを重視するために、高級素材が選ばれています。ニットは、保温と保湿、さらに通気性があることが望ましく、細い糸で編むハイゲージ、太い糸で編むローゲージニット帽など、編み地や編み柄も様々です。例えば、カシミヤは、医療用としても被ることができる優れた素材です。特徴となるのが、柔らかく肌触りのよさ、スキンヘッドでもチクチク感が少なく、医療用に採用されています。また、動物の毛で女性から人気なのはアンゴラで、細く、軽いのが特徴で、ベレー帽に用いられています。繊細な糸により、静電気が起きやすく、脱ぐ際には髪の毛が毛羽立つため、静電気を防止する生地が内側に使われているタイプをセレクトするのがおすすめです。冬のニット帽で最も使われているのはウールで、クリンプによって空気の層ができ、軽さからも巻物、被り物に最適と言われています。

保温性や保湿性も室内外問わず重要視したい

冬に被る帽子ですが、何より肝心なのは保温性や保湿などの機能性です。医療用としても人気のカシミヤは、その両方の機能に優れています。また、アンゴラの中でもクリンプが少なく、シンプル編みのベレー帽に用いられるモヘアは、保温性に欠点があります。ですがその分、秋口から春先までファッションを楽しむことが可能で、ウールなどのミックス混を選択すれば、起毛させたり、ふわふわした温かみのある仕上がりが期待できます。ウールは、とかく吸湿性に優れているので、汗の吸い取りに適しており、キッズからシニア世代のツバ付きニット帽などに利用されています。気化熱による冷えも防ぐ魅力があり、意外にも、室内で被ったままで過ごす人は多く、暖房がきいていることで帽子の中は蒸れるため、ウールで作られるツバ付きニット帽などは人気高となっています。

お手入れ次第で長く被ることができる帽子

動物の毛の帽子の欠点は、虫食いや毛玉などがあり、手入れの方法にも注意が必要です。例えば、カシミヤは毛玉もできやすく、生地を傷めないためには天然毛の柔らかいブラシでブラッシングしますが、水に弱い性質を持つので、可能な限りはクリーニングに出すことがおすすめです。アンゴラは、なめらかな風合いのオシャレ帽に用いられるため、脱いだらブラシで毛並みを整えておけば、遊び毛による毛玉も防ぐことができます。ウールは最も毛玉ができやすいため、ホコリを落とす程度で十分です。異素材同士を組み合わせたキャップが人気で、ハンチングやキャスケットにも利用されています。

記事一覧