帽子の機能と選ぶ際の参考にするブランド

変わりつつある帽子の役割と意義

帽子は本来は夏場の日除けや冬場の防寒の為のツールでした。夏場はスポーツキャップで冬場はニット帽というようなイメージがあります。雪国の映画なんかではニット帽がよく登場していますね。しかし近年では機能性だけでなくファッション性やアクセサリーとしての要素も求められるようになってきていると思われます。季節気候に関係なく防止が好きで毎日着ている方もおられますね。それに伴い現在では様々なメーカーから帽子が販売されるようになりました。用途により、アパレルメーカーからスポーツメーカーまで多様にあります。買うと言っても自分にとってどのような用途で欲しいのかをまず考える必要があります。購入はそれからです。

機能性を求めて購入する帽子とは

私が思う機能性とは二つです。一つは防寒と日除けに優れているもの。もう一つはそれに加えてどんなシーンで利用するものか。例えばランニングやスポーツをする時に使用するのであればいくら防寒と日除けができても頭からずり落ちないものであることや汗を吸収してくれるものでないといけないと思います。こういうものは主にスポーツブランドになると思います。あまり動かないシーンで利用するものであれば特にここは重視する必要はありません。

アクセサリーのようにファッションとして利用する

近年ではオシャレアイテムとして利用する人もたくさん出てきています。この場合は機能性というものの必要性は少なくなってきていますね。古い考え方の人が室内なので脱ぎなさいと注意されるのはファッション性重視で着ている人からすれば不思議に思うことでしょう。まあ常識として考えるならば脱ぐべきであるとは思いますが。このシーンで選ぶならアパレルブランドであったりスポーツブランドでもオシャレ重視のものを選ぶ必要性が出てきます。最近は両立されているものも少なくありませんので選びやすくなってきていると思います。例え無名のメーカーであってもかっこよく、温かく、機能性があるものもショッピングモールなどへ出かければたくさん見かけることができます。余談ですが中年以上の男性になるとはげ隠しのために装着される方も多いと思いますがそれも一種のオシャレということになるのではないでしょうか。ハゲをマイナスととらえるかプラスと捉えるかですが、マイナスと捉えた場合、それを隠すためのアイテムとして使用しているのですから。とにかく使用方法の可能性が広いものだということですね。

記事一覧